2015年06月03日

ウニ

 
県北広域振興局に行くたびに楽しみに観察しているウニ達。
稚ウニが投入された模様。

H27ウニ.jpg


赤い矢印で示しているのが稚ウニです。小さっ!泡がついているので少し大きく
見えるかもしれませんが、実際見ると小指の爪の半分程度で、小さな魚にも一口で
食べられてしまいそうです。
これが3年ほどたつと、青い矢印で指しているウニぐらいの大きさになってきます。
この水槽は天敵もいないので順調に大きくなりますが、自然界では大変なことなんだ
ろうなあ、と三陸の海の中に思いをはせております。
同じ水槽では、アワビも飼育されていますがさすがにウニと比較すると成長はかなり遅く、
三年たってもまだまだトコブシの五分の一程度の大きさにしかなっていません。
振興局で作った説明書きには、長いもので20年ほど生きるウニもあると書いてありました。
20年もののウニって、味はどうなんだろう・・・。
 


posted by 事務局子 at 10:28| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]