2014年10月06日

宮古民商婦人部と

 
10月5日日曜日、久慈民商婦人部は、宮古民商婦人部と交流会を行うために、宮古市へ行って来ました。
婦人部長の昨年からの熱い要望があったものの、なかなか日程の都合がつかずのびのびになっていたものです。当初は宿泊の予定でしたが、部員の皆さんが日帰りの方が参加しやすいということで、日帰り旅でしたが、宮古婦人部の方々の下にもおかないおもてなしで、とても楽しく過ごしてきました。
三鉄で一時間半、遠足のようなおやつを用意してくれた部員さんに感謝しながら、食べたり飲んだりおしゃべりしたりしながら宮古へ到着。
すぐさま、昼食をとりながら自己紹介や、それぞれの民商の活動内容を話し合いました。

DSC_0103.JPG


時間がたつほどにうち解け合い、おしゃべりは尽きませんでしたが、皆で記念写真を撮って浄土ヶ浜へ。
DSC_0108.JPG


宮古の婦人部の方々が車を出してくれ、分乗して浄土ヶ浜への道々、震災の際の状況をいろいろと教えて頂きました。写真集などに載っている黒々とした津波が堤防を越えて車を流している、まさにあの堤防前を通る時は、胸が痛くなるようでした。

浄土ヶ浜に到着し、美しい景色を堪能しおみやげを購入。

DSC_0111.JPG


その後、震災メモリアルパークへ案内してもらいます。
元はキャンプ場だった場所に、メモリアルパークを建設したそうです。両脇の山に「21m」の表示が見えるのは、ここまで津波がきたということです。

DSC_0118.JPG


津波がきた高さに展望台を作り、高さを体験できるようになっています。

DSC_0120.JPG


右手の階段で高さが、海からの景色で距離を少し感じてもらえるでしょうか。手前に見えるのは、波にさらわれた、キャンプ場の炊事場です。

と、このようにとても充実して楽しい時を過ごせたのは、宮古民商婦人部の皆さんのおかげです。本当に感謝感謝です。今度は久慈に来て頂きたいと思います。

















posted by 事務局子 at 10:58| Comment(0) | 民商婦人部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]